新しいタバコ!電子タバコのメリット・デメリットとは

2019年9月3日 By admin

電子タバコのメリットについて

電子タバコの一番のメリットは、健康被害が少ないという点です。タバコを吸っている人で、タバコが健康に悪いというのを知らない人はいないでしょう。タバコの煙にはたくさんの発がん性物質や有害物質が含まれており、死亡リスクが高くなってしまいます。一方、電子タバコには有害物質がそれほど含まれていないため、健康被害をあまり気にすることなくタバコを楽しむことができるのです。タバコの煙というのは周りの人の健康にも大きな影響を及ぼしますが、電子タバコは受動喫煙の害も従来のタバコよりも少なめになっています。また、電子タバコのメリットとして、火災の心配がないというのもあるでしょう。タバコの不始末の火災は至る所で発生しています。酔っぱらうと必ず吸いたくなる喫煙者も多いですし、お酒を飲むと注意力散漫になるのでかなり危険です。電子タバコでは、火の不始末により火事になることはありません。

電子タバコのデメリットについて

安全と言われている電子タバコでも、まったく健康に害を及ぼさないとは限りません。電子タバコはまだ新しいので、電子タバコを長期に摂取した場合の有害性はデータが少なくしっかりと確認できていません。また、一部の粗悪な製品には毒性の物質が含まれている可能性もあります。電子タバコの安全性を過信しすぎるのは危険なのです。また、電気タバコのデメリットとしては、喫煙するために充電が必要になるということでしょう。充電を忘れると外出先で一切電子タバコを吸えなくなってしまうので、吸えないことでストレスがたまったり、イライラしっぱなしだったりということもあります。

vapeは電子タバコと呼ばれていますが、ニコチン含有でないのでタバコではないです。使用するリキッドは植物性グリセリンやプロピレングリコールと香料などの混合物で、アロマ製品に近く禁煙にも有効と言われています。