オーバーホールって何?機械式時計を購入するなら知っておくべきこと!

2019年9月1日 By admin

機械式時計は壊れる前に点検を

機械式時計はネジや歯車などの小さなパーツで作られていて、動力はゼンマイ(巻き上げて使います)となっています。その小さなパーツに少しでも不具合がでたのなら、正確な時間を表示できなくなります。そのため、定期的にオーバーホールという点検をおこなって、不具合を起こらないように調整する必要があります。三年に一度はオーバーホールにだしたほうがよいといわれているため、機械式時計を利用しているのなら、壊れる前に見てもらいましょう。

メーカーにお願いするか街の時計修理屋にお願いするか

世界的に有名なメーカーの機械式時計ならば、ほぼ間違いなく、オーバーホールを行う部門を持っています。正規の修理人が純正のパーツを使って調整してくれるため、不具合があったとしても完璧な状態に戻してくれます。しかし、メーカーのオーバーホールは、かなり高い料金が請求されるので、頻繁に利用するのは難しいと考えるかもしれません。

そのときは、オーバーホールを行っている街の時計修理屋にお願いすることを考えましょう。メーカーでのオーバーホールよりも安く済むため、金銭的負担をしっかりと減らせます。ただし、街の時計修理屋の技術力は、どこに頼んでも一定というわけではなく、職人によってバラツキがあるので気をつけましょう。上手い方もいれば下手な方もいるので、間違った選択をすると、納得できない結果になるかもしれません。したがって、ネットで評判や実績を調べて、大切な機械式時計を任せられると確信してから、仕事を頼むことをおすすめします。

クロノグラフムーブメントの傑作といえばゼニスのエルプリメロです。ムーブメントはロレックスやパネライなど人気ブランドの腕時計に搭載されるほどの高精度で、クロノグラフ好きなら1本は持ちたい腕時計です。