電子タバコの良し悪しは?メリットデメリットを紹介

2019年8月31日 By admin

電子タバコの最大のメリットは健康被害のリスク回避

電子タバコのメリットとしてまず挙げられているのが、健康被害のリスクを下げることができる点です。従来の煙草はニコチンなどの有害物質が含まれており、副流煙にも健康被害のリスクが指摘されています。それに対して電子タバコの場合はニコチンなどの有害物質を含んでいるものが少ないため、タバコそのものや副流煙にも健康被害のリスクは少なくなっているのです。そのため健康面を気にして禁煙するべきか悩んでいる人でも安心して利用することができますし、飲食店など公共の場でも気軽に吸いやすくなっています。

ほかにも従来の煙草よりも安く販売されているものが多いため、経済面でもメリットがあると言われています。特に本体を管理していれば繰り返し使うことができる点が、大きなメリットとなっているようです。

電子タバコにはいくつかのデメリットがある

このように電子タバコには健康面や経済面でのメリットがある反面、品質に関する部分やタバコの味に関する部分、臭いに関する部分などいくつかのデメリットがあります。例えば品質に関する点としては、まだ電子タバコそのものの歴史が浅いことから品質の保障が万全ではないと言われています。海外では安全だと称して粗悪品が出回っているケースもありますし、日本でも認知度が低いことを利用して悪質なものが販売されていることもあるため注意が必要です。

また味や臭いに関しては、従来のタバコとは成分が全く異なります。そのため吸っていて味に慣れないという人も少なくありませんし、副流煙も含めて臭いが嫌だと感じる人も多いようです。

電子タバコには、チョコレートやフルーツ、デザート系など、紙煙草に無い独特なフレーバーが楽しめます。甘い香りは女性に人気が高いです。