電子タバコはどうやって加熱する?捨てる部分はあるの?

2019年8月31日 By admin

火を使わず電気で加熱して使う

煙草を吸うときに必要なアイテムとしてマッチやライターがあります。煙草は煙草の葉に火をつけて燃焼し、その時に出る煙を吸って楽しみます。煙草に似ているものとして電子タバコがありますが、こちらを利用するときにマッチやライターなどは必要ありません。煙草のように煙草の葉があるわけではなく、リキッドと呼ばれる液体を加熱しその時に出る水蒸気を吸って楽しみます。リキッドを水蒸気にするときの加熱は、電子タバコ本体にあるバッテリーの電気によって発する仕組みなので、電池を用意したりコンセントが無いと使えないわけではありません。予めバッテリーに電気を充電しておけばいつでも自由に楽しめる点では煙草に似ています。充電忘れに気を付けて使うと良いでしょう。

使い捨ての部分が少ない

煙草を吸うときには煙草を購入する必要がありますが、一箱の中に20本入っているタイプが多いでしょう。包み紙などを破って取り出す必要があり、包み紙は必要ないので捨てなければいけません。また煙草を吸えば吸い殻が出てこれもゴミになるためにきちんと処分する必要があります。形としては残りにくいものの煙草を吸っているときには灰が出るのでこれも灰皿などに受けるようにしないといけないでしょう。煙草に似ているとされる電子タバコは煙草のように捨てる部分があまりないのが相違点になるかもしれません。通常捨てる部分としてはリキッドを入れる容器位で、その他本体部分の一部を取り換えて捨てる程度です。使い捨ての部分が少なく環境にも優しいと言えそうです。

紙煙草から電子タバコに切り替える場合、ニコチンリキッドは紙煙草によく似た吸い応えで違和感なく楽しめます。