どのタイプにしよう?腕時計を購入する前に基礎知識をチェック

2019年8月31日 By admin

機械式とクォーツ式、それぞれの魅力がある

腕時計はムーブメントの種類で機械式とクォーツ式に分けられ、さらに前者は手巻き式と自動巻き式、後者はアナログ式とデジタル式に分けられます。機械式は電池でなくゼンマイを動力とした古いタイプの時計ですが、工芸品としての価値が付き、一般的には高級時計として知られています。中古品であっても価値が落ちにくいメーカーもあるので、投資的な意味合いで購入する人も少なくありません。特別な製品を求めるのであれば、機械式時計から選ぶのも一案です。自動巻き式を選んでおけば、着けている内にゼンマイが巻かれるので、針が止まる心配も少ないですよ。それでも、時間の正確さではクォーツ式に分があります。電池切れを起こさない限りは正しく時を刻んでくれます。価格はピンきりですが、一般的に機械式より安価なため、気軽に身に着けることができるでしょう。電池交換が面倒だという人は、太陽電池を内蔵している製品を選ぶと良いです。

アナログ式かデジタル式か?

機械式時計は全て針で時間を示すアナログ式ですが、クォーツ式はデジタル式も選べます。アナログ式より分単位で時間を読みやすく、日付や曜日もすぐにわかるのがメリットです。さらにタイマーやアラーム、ストップウォッチなどの機能も盛り込まれていることが多く、様々な機能を求める人に打ってつけです。ただし、デジタル式はカジュアルなデザインが多いため、ビジネスシーンでの着用は難しいかもしれません。着用するシーンや予算、使用予定年数などを考慮して、どのタイプを選ぶか決めると良いでしょう。

オメガの時計はカレンダー・タイマーといった機能と、高い防水性を有しているのでアウトドアシーンで役立ちます。