建物の耐久性の向上につながることも!壁面緑化が普及している理由を調べてみよう!

2018年9月26日 By admin

壁面緑化はメリットがいっぱい

壁面緑化に積極的に取り組んでいる企業の数は年々増加しており、特にヒートアイランド現象が深刻化している都市部を中心に工事が進んでいます。壁面緑化を効果的に行うことによって、建物の耐久性や断熱性などの向上につながることもあり、将来的にオフィスビルの性能をしっかりと守るうえで大きなメリットがあります。また、植物の選び方に工夫をすることで、車の排気ガスやほこりなどによる外壁の汚れもカバーできるため、建物自体の見栄えをよくすることも可能です。最近では、地域ぐるみで壁面緑化を推進しているところもあり、環境保護の観点からも高く評価されるようになっています。

壁面緑化の施工実績のある業者も多い

壁面緑化の施工実績のある業者の中でも、植栽に関する専門的なノウハウを持つ職人が在籍しているところや、工事後のサポートが充実しているところは、多くの企業から支持が集まっています。特に、壁面緑化を長期間にわたって行うためには、プロの業者の協力が欠かせないことから、早いうちに各地で評判の良い業者を探し始めることがおすすめです。また、建物のデザインや階数、構造などに適した壁面緑化の工事をするためには、ある程度の期間が必要となることがあります。そこで、工事の依頼先を選ぶにあたり、過去の施工の写真を参考にしたり、おおよその費用の見積もりを提示してもらったりすることが大切です。その他、法人向けの問い合わせ窓口がある業者を選ぶことで、スムーズに契約の手続きを取ることができます。

建物の壁に植物を這わせて緑で覆う壁面緑化は、葉を茂らせることで遮熱性を向上させる効果があります。日本に多い木造モルタル住宅では夏季の高温を抑制する効果が得られるので、快適な暮らしが可能です。