魅惑的でデリケート!機械式時計を知ろう!

2018年9月1日 By admin

衰えなかった人気!機械式時計って?

時計は駆動方式から大きく、クォーツ式と機械式に分けられます。機械式の時計はその不思議な魅力で人気は衰えていません。この機械式時計について見ていきたいと思います。機械式腕時計では主流が「自動巻き腕時計」となっています。自動巻きであっても、外してから二日も放っておけば時計は止まってしまい、日付などのカレンダー機能もズレていってしまいます。面倒なのになぜか人気がある、その秘密をスケルトン腕時計から探っていきましょう。スケルトン腕時計とは、文字盤の一部を削除して時計の骨格を露わにした腕時計ですが、機械式時計に多く見られるデザインです。自動巻きの場合には、「テンプ」と呼ばれる規則的に反復運動をする部品の動きを目で追ったり、ゼンマイの巻き具合を直接確認できるなど、時計の機械美を楽しめます。クォーツ式のスケルトン腕時計にはテンプとゼンマイがありませんから、機械美を眺めたいからと選ぶ人には魅力がやや落ちます。機械式時計のファッション性の高さとはこんな機械美を趣味として楽しめるところにあります。毎日眺めていると愛着が湧いてしまい、普段の面倒さがむしろ機械式時計に対する魅力に変わっていってしまうようなのです。

手入れもキチンと!知っておきたいポイント

機械式時計はデリケートで、中には一生ものとなるほど高価なものもあり、定期的にオーバーホールに出す必要があります。オーバーホールとは、定期的に時計を分解して隅々まで清掃をし、点検を行うことです。 この必要不可欠なメンテナンスを行う中で、見つかった故障が小さければパーツ交換で済ますことが出来るようです。大きな故障に至らないように、メーカーで推奨されている期間を守ってオーバーホールに出しましょう。

ウブロはスイスの腕時計メーカーで1979年に創業しました。ブランド名の由来は、フランス語で船の側面の採光用の小窓である「舷窓」を意味します。存在感のある独創的なデザインが特徴的な腕時計です。